Remote Link Loader(RLL)とは

Remoto Link Loader (以下、RLLと略記) は、ターゲットシステムにアプリケー ションプログラムやデバイスドライバといったモジュールを動的に追加、削除、 更新するためのソフトウエアで、TOPPERS/FI4 カーネル上で動作するよう開発されています。

情報処理推進機構(IPA) によるオー プンソフトウェア活用基盤整備事業の採択テーマの1つである「μITRON4.0仕 様に完全準拠し拡張を含むオープンソースμITRON仕様OSの開発」の一環とし て、エーアイコーポレーション が開 発を担当しました。

次の設計目標に従って実装されています。

  • ターゲットシステムにかかるオーバヘッドをできる限り小さくする。
  • μITRONの従来仕様と互換性を確保する。

RLLはこちらからダウンロードできます。

特長

(1) リモートリンク方式

プラグイン、バージョンアップ、アンロードの対象となるモジュールは、サー バでリンクされ、アドレスを決定した後にターゲットシステムに転送されます。 ターゲットシステムでは、転送されたモジュールを該当アドレスに配置し、実 行可能な状態にします。モジュールは特別なオプションを使用しないでコンパ イル、リンクするので、冗長なコードが含まれません。ITRONの特長である小 さなコードサイズで、高速動作を可能にしています。ローパワーのCPUでも利 用可能です。

(2) ダウンロードはリンク単位

モジュールは、サーバでリンクされます。ダウンロードはリンクされるモジュー ル単位で行うことができます。

(3) モジュール間の参照/呼び出し方法

モジュール内の外部参照される関数や変数は、設定ファイルに記述することで、 外部モジュールから参照可能になります。

ターゲットシステム

RLLは以下のターゲットで動作確認されています。

ターゲットシステム
MS7727CP01(日立超LSIシステムズ)

お問い合わせ先

RLLに関する質問等は、TOPPERSユーザズメーリ ングリストに送付ください。ただし、基本的には本ソフトウェアに関する サポートは行ないませんので、回答はお約束できないことをご理解ください。

サポートが必要な場合は、以下までお問い合わせください。