TOPPERS/A-WDGSTACKとは

TOPPERS/A-WDGSTACK(Automotive WDGSTACK)とは、TOPPERSプロジェクトで公開している車載システム向け監視ミドルウェアです。
A-WDGSTACKは、AUTOSAR WDGSTACKのWDGM(Watchdog Manager)、WDGIF(Watchdog Interface)、WDG(Watchdog Driver)の3つのモジュールを含んでいます。(図1参照)


:A-WDGSTACK対象モジュール
図1 AUTOSARアーキテクチャ

A-WDGSTACKは、名古屋大学組込みシステム研究センター(NCES)が、AUTOSAR仕様をベースに、複数の企業と共同で開発した監視ミドルウェアで、TOPPERSプロジェクトへ開発成果物としてコントリビュートし、無償公開致します。
(※AUTOSAR関連のソフトウェアを利用する際の留意事項については、こちらをご覧ください)

各モジュールはAUTOSARの原文をベースとして曖昧な仕様や、未規定の仕様を明確化し開発を行っています。また、ターゲットボードで制限される機能についてはサポートせず、サブセットとしています。
明確化した仕様と、サポートする機能範囲を記載したドキュメントを、各モジュールのdocフォルダの下に同梱しています。

A-WDGSTACKの最新リリースはこちらからダウンロードできます。

TOPPERS/A-WDGSTACKの各モジュールの主な特徴は次の通りです。

TOPPERS/A-WDGM

  • AUTOSAR WDGM仕様ベース
  • 欧州の自動車メーカや電装部品メーカを中心とした標準化団体「AUTOSAR」が策定したWDGM仕様をベースとしています。 ベースとした仕様書は「Specification of Watchdog Manager V2.2.0 R4.0 Rev 3」です。

  • MISRA-C対応
  • 欧州の自動車メーカを中心として定められたC言語設計規約「MISRA-C:2004」チェックを実施しています。 一部、実行速度を優先する箇所やコードサイズを節約するために、敢えてMISRAコーディング規約を逸脱しているルールはありますが、逸脱する箇所は個別に検討を行い、MISRAの指摘する危険コードの回避を行っています。 逸脱したルールは、今後TOPPERSコーディングルールとして、一般に公開する予定です。

TOPPERS/A-WDGIF

  • AUTOSAR WDGIF仕様ベース
  • 欧州の自動車メーカや電装部品メーカを中心とした標準化団体「AUTOSAR」が策定したWDGIF仕様をベースとしています。 ベースとした仕様書は「Specification of Watchdog Interface V2.5.0 R4.0 Rev 3」です。

  • MISRA-C対応
  • A-WDGMと同様「MISRA-C:2004」チェックを実施しています。

TOPPERS/A-WDG

  • AUTOSAR WDG仕様ベース
  • 欧州の自動車メーカや電装部品メーカを中心とした標準化団体「AUTOSAR」が策定したWDG仕様をベースとしています。 ベースとした仕様書は「Specification of Watchdog Driver V2.5.0 R4.0 Rev 3」です。

  • ターゲットシステム
  • A-WDGのソースコードをターゲットごとにまとめた簡易パッケージは、こちらからダウンロードできます。 TOPPERS/A-WDGは、以下のターゲットをサポートしています。

    ディレクトリ名 開発環境

     
    プロセッサ(型番) システム(メーカ名)
    nios2_dev_gcc Nios2 Cyclone IV 開発、教育用キット(NIOS2_DEV_DE2_115)
    QuartusII 11.0sp1
    コンパイラ: GCC 4.1.2
      Nios2 Cyclone IV NIOS2_DEV_DE2_115(terasic)
    fl850f1l_ccrh CS+ V3.00.0
    コンパイラ:
     ・CCRH: V1.01.00
      RH850/F1L テセラ・テクノロジー株式会社製 FL-850/F1L(-S)

  • MISRA-C対応
  • A-COMと同様「MISRA-C:2004」チェックを実施しています。

コンソーシアム型共同研究参加企業

TOPPERS/A-WDGSTACKの開発を行ったコンソーシアム型共同研究に参加している企業については、下記のページをご覧ください。